サブコンテンツ


リンク


弊社公式Twitter

twitter / shinmikawatimes

弊社公式ツイッター開設いたしました。
中の人が豊田・みよしの情報から日常のどうでもいいこと(?)まで呟いています。是非フォローよろしくお願い致します。

今週号(01/18)の記事ピックアップ

【十六銀行 山之手支店3月オープン 豊田で2店舗目「個人向け」に特化】
 地方銀行の十六銀行(岐阜市神田町、村瀬幸雄頭取)は3月7日、豊田市山之手8に山之手支店を新店舗でオープンする。  同行のホームページによると、新店舗は敷地面積約940平方㍍に建つ鉄骨2階建て延べ約499平方㍍のガラス張りのしょうしゃな建物。駐車場は13台分。市内では豊田支店(西町3)に続く2店舗目の支店で、行員は田口誠支店長以下6人。  豊田支店では、事業向けと個人向け預貯金・融資業務を行っているが、山之手支店では個人向けのみに特化した業務を行う。なお現在、西町1の参合館1階で個人住宅融資を行っているローンサービスセンターは新店舗に移転するが、同センターとミックスさせる店舗は同銀行初。「住宅ローン、投資信託や保険などの相談にワンストップ対応する店舗を目指す」としている。


【タイ山岳民族支える日本人女性 豊田の支援組織解散 ほづみ会 会員高齢化 今後も活動継続】
 微笑みの国として親しまれているタイ・チェンライで学校に通えない山岳民族の子どもたちを支える活動を続ける三重県出身の日本人女性を支援する活動を続けてきた「ほづみ会」が今年度で解散した。30年弱の活動で会員の高齢化などが要因で初代会長の吉川暁美さん(80)=清水町=は「生涯をかけた日本人を助けられないかと始めた。今後はボランティア団体の一部として活動を続け、年に一度はタイを訪れ見守りたい」と話している。


≪記事の続き読む≫

(弊社ブログへ飛びます/※ブログは基本金曜日更新となります)

新三河タイムス電子版のご案内

新三河タイムス電子版の頒布(テスト販売)を開始いたしました(ダウンロード販売/一部390円)。
※記事の主な見出しは従来通り、弊社ブログにてご確認ください。

電子版はじまりました!

※電子版のご提供は基本金曜日更新となります。

取材依頼・情報提供

新三河タイムスのHPをご覧いただきましてありがとうございます。
弊社では皆様からの取材依頼、情報提供を随時受け付けております。イベントの告知や取材、身近なニュースなど…豊田・みよし内在住(出身、在職、在学含む)の方ならどなたでも構いません。
お気軽にお寄せください!

※広告掲載(定期広告・特集広告)も随時募集いたしております。弊社営業担当がお伺いいたします。

購読料自動引き落としのご案内

新三河タイムス社では現在、購読者の皆さまに便利な購読料の自動引落しをおすすめしております。 下記の金融機関でご利用いただけます。
「 郵便局 」「 JA 」「 豊田信用金庫 」「 碧海信用金庫 」どちらの支店からも口座引落しができます。