サブコンテンツ


リンク


弊社公式Twitter

twitter / shinmikawatimes

弊社公式ツイッター開設いたしました。
中の人が豊田・みよしの情報から日常のどうでもいいこと(?)まで呟いています。是非フォローよろしくお願い致します。

今週号(12/05)の記事ピックアップ

【働く側貫いた東大名誉教授 西高“幻の先輩”を語る(兵頭釗さんの戦後史(上))】
旧制挙母中学、挙母西高(現・豊田西高)を経て東京大学に進み、戦後の荒波を潜り抜けて労働学者として活躍した東大名誉教授、兵藤釗(つとむ)さん(86)=土橋町出身=が7月、自身の研究史を回顧した「戦後史を生きる-労働問題研究私史」(同時代社)を出版した。80年代の臨調行革に抗して「国鉄労働運動への提言」を取りまとめ、自動車産業についても現地調査を通じてトヨタ生産システムを分析するなど常に働く側に立って発言した。同校にとって〝幻の先輩〟を著書のエピソードを交えながら3回にわたってリポートする。


【豊田市内で子ども食堂の支援広がる 豊田東RC 3ヵ所で設立サポート】
 地域の子どもたちに定期的に温かい食事を提供し居場所を作る「子ども食堂」の取組が豊田市でも広がっている。今秋、美里地区で始まり14カ所目。ただ、継続的に安く食事を提供するため資金不足という課題を抱える食堂は少なくなく、奉仕団体のロータリーやライオンズクラブなど支援の動きが出始めている。豊田東RC(石橋博文会長)は今年度市内3カ所の子ども食堂の立ち上げ支援に乗り出した。美里地区のぐぅぐぅ食堂には炊飯器と調理器具(10万円相当)を提供。食育事業(キッズファームチャレンジ)の一環で地元農家に栽培を委託しこども園(みずほ・越戸・梅坪)の子どもに収穫してもらった食材を提供する事業も始めた。


≪記事の続き読む≫

(弊社ブログへ飛びます/※ブログは基本金曜日更新となります)

新三河タイムス電子版のご案内

新三河タイムス電子版の頒布を開始いたしました(ダウンロード販売/一部320円)。
※記事の主な見出しは従来通り、弊社ブログにてご確認ください。

電子版はじまりました!

※電子版のご提供は基本金曜日更新となります。

取材依頼・情報提供

新三河タイムスのHPをご覧いただきましてありがとうございます。
弊社では皆様からの取材依頼、情報提供を随時受け付けております。イベントの告知や取材、身近なニュースなど…豊田・みよし内在住(出身、在職、在学含む)の方ならどなたでも構いません。
お気軽にお寄せください!

※広告掲載(定期広告・特集広告)も随時募集いたしております。弊社営業担当がお伺いいたします。

購読料自動引き落としのご案内

新三河タイムス社では現在、購読者の皆さまに便利な購読料の自動引落しをおすすめしております。 下記の金融機関でご利用いただけます。
「 郵便局 」「 JA 」「 豊田信用金庫 」「 碧海信用金庫 」どちらの支店からも口座引落しができます。